池袋でチャイエス裏風俗にいった顛末を…

ども、沢井です。

世間は緊急事態宣言継続中(一都三県)で、吾輩のおティンコも緊急事態宣言!!
時はきた!!

というわけでもないのですが、
実は長らく地元駅にあったなじみのチャイエス裏風俗(基盤ありのちょんの間形式)が、
このコロナ禍の中で池袋に移転しちゃってました。

その地元駅のチャイエス裏風俗は、
パパっと済ませたい時には重宝してたんですが、
何度もK察に摘発を受けたり、このコロナで景気が悪くなったこともあり、
池袋に移転したとのこと。

ikebukurofuzoku
コロナにはホント困ったもんですよ。

で、
2021年3月某日、池袋行く用事があったのでついでにこの移転したチャイエスに連絡いれてみたわけですよー。

池袋裏風俗のチャイエスに凸

電話すると、店舗の場所を教えてもらう。

このあたり。
ikebukurokitaguchi
池袋マニアにはおなじみの北口エリアですね。
このあたりのマンションの一室でやってました。

そして、なじみのママに出迎えてもらって店舗へ。

ひとり嬢が待機してて、顔見世してもらう。
そしてなんだかんだありまして、吾輩はそのママに相手してもらうことに。

ママはその店舗内でプレイよりもホテルに行こうとのこと。
(その店舗内での仕切りスペースでプレイも可能)

しょうがないので近くのホテルスマイルへ。
このホテルスマイル、深夜時間帯でも休憩可能でなかなか広くてよかった。
休憩90分で3000円也。

ママさんに2万円を要求され、渡す。

「私の後にもうひとりくる。二人分ね。」とのこと。

どんだけやぁ~。

で、しょうがないのでママさんとプレイ。

ただ、なんと!!
基本プレイ内容は以下とのこと。

  • キス無し(しかもマスク着用でのプレイ)
  • Gフェラ
  • Gイン(まぁこれは普通か…)

こ、これは…

激戦区池袋としては、超ドイヒー内容。

ママさんにはサービス生Fしてもらったが。
結局G着が苦手な吾輩は、逝かずに一旦終了。

更に、その後来てくれた嬢は、上記の基本プレイ内容で対応。
この嬢は若くてかわいくスタイルもよかったが。

すでに酒も入ってた吾輩は、テンション激落ちで落ち込みつつ、セルフシャワーに逃げてしまったわけですたい。

嬢に聞くところによると、
この店は7000円から8000円くらいでほんとにちょんの間スタイルが殆どとのこと。
ロング利用客は殆どいないとのことでした。

顛末と感想

そんなわけで、23000円で厳しい戦いを強いられた今回。
ノー発射でフィニッシュです。

とにかく、
もう裏も表もないのが、池袋!!

究極のコスパ店「やりすぎサークル」もあるわけですし、
チャイエス系とか需要ないだろー。
(個人的感想です。)

なかなか厳しい夜になった。
だが、仁義は果たした。

また次なる戦いに向かうぞー!

おしまい。

コメントを残す